マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

はてしない便秘の物語

今週のお題「テスト」

 バスチアンが繰り返し繰り返しページをめくるエンドレスエイトにハマったように、僕もファンターじエンの大冒険に駆り出されることになった。はじまりは恐ろしくしずかであったので、僕はそのものに気づくことはなかった。それはゆっくりと僕の腹を浸食し、二日ほどの潜伏期間を経てから膨張し始めた。

 苦しくないわけがなかった。しかしいざ戦いの場へと足を向けると、彼らはぴたりと攻撃を止め、こちらの出方を伺っていた。「これが虚無か……」ぽつりと呟いたそれは狭い室内にこだました。ファンターじエンは虚無という恐ろしい魔物が潜んでいる。彼らには姿形はなく、意志さえもなく、ただ周りを跡形も亡く飲み込んでしまうのだ。僕の腹の中も虚無に満たされていくのだろうか。

 「けれどもこれは別の物語、いつかまた、別のときに話すことにしよう」

 便秘の対抗手段として食物繊維の摂取をテストしてみよう。

はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))

はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))

  • 作者: ミヒャエル・エンデ,Michael Ende,上田真而子,佐藤真理子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/06/16
  • メディア: 単行本
  • 購入: 11人 クリック: 37回
  • この商品を含むブログ (66件) を見る

広告を非表示にする