マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

ModbusTCPとマスクの化石/「 銃・病原菌・鉄(上)」

 結局、通信はうまくいった。塞がっていたポートをうまくよけた。PLCとIoTデバイスにおいて、互いのIPアドレスを知り、ポートを知り、プロコトルを理解させるのはそこまで難しくなかった。ただ、わたしの知識が足りなかっただけだった。それでもなんとかなった。クラウド側のプログラムもうまいこといったので、来週からうまく運用できそうだ。

 それはどうでもいいとして本を読んだ。「銃・病原菌・鉄」というやつ。ひどく昔に流行った気がする。最近活字を読んでなかった気がして、学生のころの記憶を探ったらこいつが出てきた。

 人類はなぜ地域間で差異が生まれたのか、を説明していた。結局は大陸の形が原因だった。ユーラシアは東西に広く、アメリカは南北に長かった。

 同じ緯度にある場所は、農作物の生育環境がある程度定まっていた、短期間で効率的な食料供給が可能となった。だからユーラシアはいい感じだった。けれどアメリカはいろんな環境になるから、その土地に合う作物が伝播するのが遅くなった。

 家畜の種類を増やせなかったのも痛い。家畜は労働力の足しになるだけでなく、病原菌の媒介となった。日常的に動物と接していると、飼い主は病原菌の抗体をもてた。だからヨーロッパの人々はインディアンに勝った。インディアンはこわい病気の抗体を持っていなかった。その名は。忘れた。

 ざーっと読んでわかる気になった。それで良かった。これらの要約はどこかに転がっているわけで、私が理解する必要はない。それにつけてもコロナは怖い。人類の進化とか繁栄にあたって、このコロナはそうとう大きい分岐点になりそう。

 ITの力で全世界はワールドワイドに展開された。もうどこでもフラットデザインである。しかし、コロナはそうならない。なぜか流行る国と流行らない国がある。ワクチンをもっているところ・マスクをしたところが強い。今後はそうなる。

 つぎに来るのは大地震かと思っていたらコロナだった。全人類はマスクの化石を生み出す。そうして一億年ほど経った先に、私たちの子孫はなにをかんがえるのだろうか。

「この時代の人々の記録はデジタル信号におきかえられており、復元は非常に難しい。われわれのようなDNA記録媒体は持ち合わせていないためだ」

知らない。

Photo by Caseen Kyle Registos on Unsplash

基本情報技術者試験を受けた。たぶん受かった。

f:id:kyokucho1989:20210612051106j:plain

試験

 前回の記事からすでに一ヶ月経過していた。なにも書くことがない体になってしまった。本を読まないから言葉が生まれてこないのだろう。そろそろ文章を体に取り込まないといけない。

 それはそれとして、基本情報技術者試験というやつを受けてきた。ITに関する基本的な知識を問われる試験だった。二進数の計算やら、通信のプロトコルや、アルゴリズムの問題などが出た。おそらく合格したと思う。

 試験はCBT方式というやつになっていて、全国一斉にやるものではなく一定期間の間の好きな時に受けるものだった。午前試験と午後試験のふたつを受ける必要があったが、時間帯も日程も好きにできた。ただ、私はいろいろあって、ふたつの試験を同じ日に受けることにした。

勉強方法

 忘れてしまいそうなので、試験にむけての勉強方法を書き残しておく。午前試験対策として参考書を4周ほどした。午後試験対策は過去問を少しやった。

 参考書はネットでも話題のキタミ式を利用した。

 これを読んだ。章の終わりごとに過去問が少し載っているので、それもやった。午前対策は本当にそれだけだった。ただ、4周した。できなかった問題は印をつけて、また解いた。普通のやり方で問題ない。

 午後試験対策としてこれを買った。

 そこまでやれなかったけど、やらないよりはマシだった。この本にはプログラミングの問題がなかったので、過去問道場というページから表計算をやった。仕事でもエクセルをつかっていたのでわりとわかった。

 ノートをつくるなどといったことはしなかった。時間の無駄だから。なるべく頭の中に留めた。

勉強場所と時間

 家では勉強しなかった。というよりできなかった。子供が起きている間は無理だし、寝た時はPCをつかう作業をしかった。そういうわけで通勤電車の中でやった。あとは会社の休み時間中にやった。この縛りは試験を受ける時から決めていた。どうしようもない。

 時間はまともにとれるわけはなかったので、勉強開始時期を早めた。今年の一月ごろから少しずつやっていた。良かったと思う。

当日

 試験の勝手がわからずに早めに会場に入った。そしたら早めに試験を受けることができた。そんなでもいいらしい。なんかエンカウント形式になっているみたいに、会場に入ったら自動的にイベントが進行してしまった。水分確保を前もってしておけば良かった。

 腕時計と筆記用具はもっていかなくてよかった。というより私物は持ち込み禁止だった。シャーペンを会場で貸してもらった。

 試験が終わったらすぐにメールで結果が届いた。午前試験は正答率70%くらい。午後試験は全体の正答率がでないのが悩ましいが、おそらく70%くらいだと思う。60%以上で合格なので、たぶん合格した。よかった。

印象

 難易度としては技術士一次 < 基本情報 <<<< 技術士二次試験(わたしは落ちた)という感じだった。勉強時間さえ確保できれば問題なく合格できると思った。

 今回のが合格していたら、応用をうけてみようか。


Photo by Adi Ulici on Unsplash

32才になった

 あやうく今日が誕生日だということを忘れそうになっていた。それほどどうでもいい概念になりつつある。すこし一年を振り返ろう。

## 勉強

 あまり勉強らしい勉強はしていない。Railsでものをつくろうとしている。Figmaやイラレでデザインを勉強しようとしている。個人開発でなんかつくりたい。

## つくったもの

 それほどない。プログラミングの教材を作ったりした。


## 仕事

 忙しいけど、なんとかしのいでいる。他の人に任せたりしている。

## 子供

 二人ともげんき。はやくみんなで遊びに行きたい。

## オンラインサロン

 メンターではなくなり、所属していたサロンも新規受付を停止した。収束しつつある。また別のところでいろいろ頑張っている。

## LT駆動開発

 
https://www.slideshare.net/Kkondo2

 たくさん発表していた。今年に入ってからはそんなにやってない。

おわり

30を過ぎてからの調整代と、進捗どんどん追うモード

 久しぶりの文章となった。それもこれも業務の忙しさに他ならない。今回の言葉は書き直しを禁じているので、私にもどこに着地するかわからない。それでもいいとした。この業務の忙しさには少し慣れてきて、いくつかの要点を手に入れた。期日は必ず守るということと、私はひとりということだ。

続きを読む

ただの文章

 脳内のそのまま描写しようとするからうまく文章にならないわけで、断片的にここに書き記せばいいのだとわかった。「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」を読んだ。それは仕事のボリュームを見積もらないからで、安請け合いするからで、納期を守らないからだ。非常にしっくりきた。すべての仕事はやり直しになる、という原則もあるようで、だいたいの作業は50%くらいの完成度で提出することにした。仕事がはやくなった。

 わたしの仕事はルーチンワークというものが存在せず、いつも投げられてきたり降ってきたりわいたりする。なんだかアグレッシブな感じだけど、わりと楽しかったりする。最近は仕事をつくっていたりもする。自分のやりたいことをやれる環境にしているのだ。少しずつ整ってきているので頑張る。