マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

知らなくてもIoTはできるけどあったら楽しい知識/マイコンのしくみと動かし方

f:id:kyokucho1989:20191010043719p:plain

IoTばっかし

 最近仕事でもIoTをやるようになっていて、寝ても覚めてもIoTのことを考えている。こいつを極めようとおもったら本当に広範な知識が必要だ。機械加工からはじまって、回路設計やら、半田づけやら、セキュリティのあれこれ。クラウドとのデータのやりとりや、AI・機械学習、ウェブに表示させるためのフロントエンドの技術ももっていないといけない。やばい。楽しいけどやばい。

 それでも全部知っている必要なんてない。知識はありものですませることができる。私たちもスマホがどうやって動いているのか理解しなくても難なくそれを操ることができている。夢を見るメカニズムがわからなくたって平気。生きているのだから。そういうわけで、ブラックボックスでも入出力の対応さえ知っていればIoTをやっていくことができる!

 ……でも、知ってた方が楽しいこともある。

続きを読む

M5Stackでハンコ押しロボットになりきれなかったなにかをつくった。

そういうものである。

 夏の終わりの自由工作としてハンコ押しロボットをつくった。それでもなんだかなりきれなかった。理由はいくつもある。適当に絵を描いたせいで、ハンコが穴に収まらない。摺動部はそれぞれに公差をつけてやり、すきまばめにする必要があった。ギアボックスの存在を忘れていた。いろいろだ。

 それでも動くものをつくるのはたのしい。それに割と反応がある。この動画もいつもよりも見てくれる人が多かった気がする。

 ちょっと寸法を修正して改良版をつくっていこうと思う。年内にはKKH(くっそくだらないハードウェア)として販売するぞ!いえーい。

M5Stackでハンコ押しロボット作成 その1  スケッチ

 M5Stackでモーター制御ができたので、こんどはプロダクトを作らなければならない。そんな雰囲気の夏である。構想はある。ハンコ押しロボットだ。スイッチを押せばロボットが勝手にハンコを押してくれる。IoTでも適当に絡めておけば素晴らしい働き方改革になるだろう。

f:id:kyokucho1989:20190808065733p:plain

 メカの機構を考えよう。いきなり全体をスケッチするのも楽しいが、まずは動くところだけ。今回はモーターの回転運動をハンコが往復する運動に変換させなければならない。そのような機構はいくつかある。クランク機構がベストか。機関車トーマスの車輪の動きのようなあれだ。

続きを読む

WIRED vol 33: 来たるミラーワールドに向けた私の準備

https://www.instagram.com/p/B0mAJkWHgcc/


 かけるまで待つというのはあまり得策ではなく、書きながら待ち続ける方が無難だったりする。文章に追いやられている。瞬間、光がさしたような気がするが、それもきっと気のせいだ。暑さのなかを色のない魚のようなものがうごめいている。

 WIRED Vol 32を読んだ。ミラーワールドが特集されていた。現実世界とデジタル世界の境界が非常に薄くなり、また別個の世界が構築されるらしい。

続きを読む