マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

ぼくは長文が読めない。

 ぼくは長文が読めない。


 長々と書かれているエントリを読むのが苦痛だ。文章自体にテンポがあり、面白いものは許せる。しかし、ある記事を言及して意見を書きたいのにだらだらと前置きを書く人がいる。「で、言いたいことはなんですか」と問いたくなる。ちょっと文章を膨らませて語尾を濁らせて、バリアを張りたいのか。炎上を防ぐために。


 いや、もう面白い面白くない以前に長文が読めないのかもしれない。おぉ良いこと書いてあるなーってスクロールしていくけど、長い。えらく長い。もう頭がパンクしてそれ以上文字が入ってこない。そしてブコメみてなんとなく世論を知る。そんなかんじ。


 昔の自分はどうだっただろうか。ちゃんと文面を咀嚼して自分なりの言葉におきかえて消化していたのか。全く記憶にない。


 そういった訳で、最近はちゃんと本も読めていない。全部読み切れていないし、考察もしきれていない。「じゃあなんで書評ブログやってるんだよ」と言われるかもしれないけど、こっちが聞きたいところだ。自分でも分からない。


 意地かな。大学生活なにもやってこなかったから、せめて本だけは人より読んでアウトプットしておこうって。はじめは単純に読書が好きだったけど、最近は記事を書くために本を読んでいる気がする。なんだこれは。


 長文を書くことも出来ない。四百字詰めの原稿用紙十枚分を埋められる人を尊敬する。「何か書きたいなー」と思ってもひと言ふた言で済んでしまう。主語述語目的語。それ以外になにが必要だというのか。


 みんなどうやって書いているのだろう。

 

広告を非表示にする