マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

くっそくだらないハードウェアをつくるぞ!/メイカーズのエコシステム

https://www.instagram.com/p/BVJeWBLBPW0/

 モモの小説に出てくる時間泥棒に襲われているような日々だ。時間が驚くほど少ない。いや、時間がすくないというより満足のいく使い方ができていないだけか。以前、私は自身のことを「本を読む、文章をかく、ものをつくる、そういうことでしか経験値を得られない人間」だと書いた。(気がする。)それらができないとそわそわするし、もやもやするし、嫌な気分になる。そう。私は文章を書いていない。

 からあげさんからwishリスト経由で『メイカーズのエコシステム』という本をいただいた。ありがとうございます!!メイカーズとは自由にものづくりをする人々の総称。彼らは既存の企業にとらわれることなく、自分たちの好きなようにつくってワクワクしている。非常に愉快な連中だ。本書では中国は深圳のメイカームーブメントの模様を中心して、未来の新しいワクワクを紹介している。

 本にはニュータイプのわくわくも存在していたが、実際にハードウェアを製造するのはどんな感じかが詳しく書かれていた。流行りのハードウェアスタートアップだ。キックスターターでお金を集めて深圳の工場群に部品を注文する。そうしてできあがる不完全な製品。再検討。すさまじく遅れる進捗。それでいて購入者はあまり怒らない。こういうのをインディーデザインと言って、同人誌のハードウェア版になるらしい。

 楽しそう。残念ながらいまは楽しそうしかかけない。私はこの本を読んで何を実践できるのか。何らかのハードを生み出すことができるか。くっそくだらないハードウェアをばんばん作りたいなぁ。

tsukutta.hatenablog.com

こんな感じの。

 ハードウェアスタートアップは、ヒッチハイクで友達の家のソファーを渡り歩いて成功への路を歩まなければならない。お金以外の価値をベンダーにもたらすために、まずは「いつも笑顔で楽しそうでいること」を強くおススメする。
p195

 楽しげにがんばっていきたい。

広告を非表示にする