読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

フィボナッチ短歌

短歌

1.一錠
 さらの手にあまる一錠砂の城残す深夜はおやつでもない

2.おい
 かもしれないかも運転ブレーキの音はとおいと耳はえたむし

3.ウーパールーパー
 すりばちの中のウーパールーパーは今となってはおじいさん草

4.マッチ
 マッチ箱に描かれたひとに見下ろされた私は元気だろうか

5.葉
 満員のふせんの裏は葉脈に似ててしゃくとり虫のしゃっくり

6.月
 ツーシーム月のざらめに指をかけ投げるうさぎはゲージの中に

7.転
 ばあちゃんの転ばぬ先の杖がもしセグウェイなら高速化社会

8.舌
 ぬるい線路のつなぎ目に舌をはわせた蛇も乗客は知らずに

9.飽き
 大人は生に飽きやすく半額のシールを待たずそそくさレジへ

10.【枕詞】うつせみの
 うつせみの世のあんぱんをレンチンで再度焼いて食う「神は死んだ」


タイトルはとくに関係ない。

フィボナッチ―自然の中にかくれた数を見つけた人

フィボナッチ―自然の中にかくれた数を見つけた人

  • 作者: ジョセフダグニーズ,ジョンオブライエン,Joseph D’Agnese,John O’Brien,渋谷弘子
  • 出版社/メーカー: さえら書房
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: ハードカバー
  • クリック: 37回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る