読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

記録-20140501

 変わりのない一日だった。昼少し前に家をでて街へ繰り出した。一ヶ月前に買ったばかりのママチャリはすでにがたが来ているようで、ちょっとの段差も過敏に反応する。がこんがこん言う。舗装された道路をすーっと抜けていく。道幅は広くペダルをいくら回しても先が見えない。ほおにあたる空気感は夏のそれであって、冬が好きな僕はざんねんだなと思った。思っただけ。

 いつだったか、「毎月ひとつは成果物をつくろう」という自分ルールを設けた。出来上がったのが今日になってしまったが一応四月分ということで許してもらおう。スイッチを押すと7セグLEDの数値かカウントアップされる。ぽちぽち押すとまた0になる。どうでもいい装置だが自分では気に入っている。

スイッチを使った1桁7セグLEDのカウントアップ。(arduino) - つくったブログ


 なんでこんなことをしているのか。危機感を持っているからだ。ゲド戦記に出てくる影のように、つかみどころのない漠然とした危機感を。「何かしなくちゃ」といつも思う。どれだけ記事を書こうと物をつくろうとそれは解消されることはない。嫌になることもあるけど、この感覚が僕の背中を押しているのだと感謝する気持ちもある。

 削る必要がある。いらないものをそぎ落とす。持っているものを厳選し、本当に気に入ったものしか周りに置かない。減らすと感覚が鋭くなる。いずれは自分が抱くあらゆる感情を数値的に分析することも可能になるだろう。「なんか嫌な気分」がなくなるのだ。嬉しいな。

 とりあえず今日はいらない服を処分した。古くなったチノとジーンズを二本ずつ。500円引き券をもらった。しかし3000円以上の買い物でなければ使うことは出来ない。そんなに服を買う時が来るのか。その後、京大式カードを収納する箱を探した。無印にいいかんじの箱があったが1000円もする。高いので6月の買い物に回すことにした。すぐ必要というわけでもない。

 いつものコーヒー屋でいつものように古本を読む。壁が人類に干渉するお話だった。また今度感想を書く。

 とりとめのない日記になった。日記というのはもとよりそういうものじゃないのか。たまには適当に書くのもいいなあ。

とりとめのない太陽

とりとめのない太陽