読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

【書評】不倫なんて誰も得をしない/「夜明けの街で」

http://instagram.com/p/cEGYNmBBLN/
Instagram

夜明けの街で (角川文庫)


 不倫する男をバカにしていた渡部はひょんなことから同じ会社の派遣社員、秋葉と交際を始めてしまう。妻への発覚を恐れながらも二人の仲は深まっていった。しかし次第に彼女が抱える複雑な事情が見えてくる。十五年前、父親の愛人が殺害された事件、その容疑者に秋葉があがっているのだ。人間関係が明らかになるにつれ、謎はより深まっていく。
 ただの色恋沙汰をミステリーに落とし込むのは、やっぱり東野圭吾の小説なんだなと安心した。

不倫する男性の心理

 この小説はざっくり書くと男が不倫をする話だ。それ以上でも以下でもない。妻帯者が職場の女性に手を出し、泥沼にはまっていく。男の友人は不倫を止めるように忠告するが、それでも彼は止めなかった。友人に頼み込んでアリバイ工作をして、妻への言い訳を考えて、プレゼントを用意して……。自分だったら頭がオーバーヒートしてしまいそうだ。なぜ彼はそこまでして交際を続けていたのだろう。

「男じゃない? 俺が?」
「おまえも俺も、こいつもこいつも」新谷は全員を順番に指差した。「みーんな、もう男じゃない。女房が女じゃないように、俺たちも男じゃなくなった。亭主とか父親とかオッサンとか、そういうものに変わったんだ。だから女の話なんてしたくてもできないんだ」

 もしかしたら渡部はオヤジになる一歩手前の状況で最後の抵抗を試みたのではないか。そうと考えると虚しいような微笑ましいような、悲しい気持ちになる。

ミステリー要素は十分

 ただの不倫小説だが、それでもミステリー要素は十分ある。犯人は本当に秋葉なのか?それとも外部の犯行?被害者の妹の登場、秋葉の父親との会話などのイベントから過去の情報が少しずつ漏れてだしてくる。その速度は後半からペースを上げて、時効直前の三月三十日で一気にゴールする。ミステリー物を読み慣れている人はすぐにネタがわかるかもしれないが、僕は真実を告げる場面で「ふぉお!」とうなってしまった。場所が自室でよかった。

おわりに

 最近書評の書き方に迷いが出てきた。でもブログの読者に本の面白さを伝えること、頭の片隅に書籍のタイトルをねじこんでもらうこと、Amazonのリンクを一人でも多くの人に踏んでもらうこと、それを念頭に置いたら迷いは消えた。ただの読書履歴ではなく、思いを伝える記事を書こう。そんなわけで、これからも平常運転。