マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

あのときはそうでもなかった。

ハウスウェルネスフーズのお題「甘酸っぱい思い出のエピソード」

 中学校の校舎のてっぺんに、小さな部屋がある。そこには冬用のストーブが置いてあって、その部屋に入るのは冬の始まりと終わりの二度だけだった。だけど4階から眺める夕日はきれいで僕はそれが好きだった。

                    • -

 長い文章を書くのは難しい。要するに好きな人がいたけど何も言い出せずに自然消滅した。それだけ。