マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

召喚士は通す。ガードも通す。キマリは通さない。

f:id:kyokucho1989:20170812135025j:plain
Photo by nikita velikanin on Unsplash
 文章によって生かされている。フレーズが浮かんだだけで実際はどうかは知らない。少なくても死んでいることはなさそうだ。いくつかの台風とミサイルが頭上を通る間、私はひとかたまりの仕事をちぎっては投げちぎっては投げていた。
 日常を切り取ることは容易だが、思考を切り取ることは難しい。という言葉をいま考えた。この切り取るというのはどういうことか。意識の幅を狭くすることか。なんらかの編集を加えるということか。両方か。なんにせよ、全くのクリアな現象や要素は存在しない。観測者がいる限りそれは観測された事象でしかなく、真の値とかリアルな値ではない。そうやって考えていくと切り取る行為は生きているそれであって、我々が呼吸をしたり心臓を動かすことと同義だった。切り取らないほうが難しい。

 息子が2歳になった。もう2歳なのか、まだ2歳なのか。子供の成長は著しく、毎日なんらかの経験値を得ている。最近は歌ばかりうたっていて、こちらが「うーうーう、ううううーう」と問いかけると、「おっくせんまん、おっくせんまん♩」と返してくれる。誕生日プレゼントでプラレールのレールセットをあげたら、楽しそうに遊んでくれる。自分で列車をつなげられるようになっていて驚いた。

 まだ八月なのか。今年は長い。仕事は異動になるし、家を買うし、子供が育つしでイベントが目白押しだ。本が開けたら資格試験に向けていろいろと準備しなければならない。趣味のほうもちまちま何かしら進めたい。新居は部屋が多いから、自分の書斎が持てる。そこに3Dプリンターを購入してわくわくなものを作りたい。本も読みたいし、文章を書きたい。

 そうやって生きている。

文章によるデトックスサプライズ。

f:id:kyokucho1989:20170729231534j:plain
Photo by Manu Adán on Unsplash

 生き死にを繰り返しながらそれでも生きていて、ついこの間買ったひまわりは一週間で花瓶の中で枯れた。逆に言えば彼らは切り花になりながらも、一週間は生命を維持できたわけであって、それは会社の近くで鳴いていたセミのそれに等しい。私はというと順調に年を経ているようで、文章を書かなくてもしっかりと呼吸はできているし、笑うし涙を流すこともあってめまぐるしさが付着している。ノアザミはようやく姿を消した。

 通勤電車の中で野帳に言葉を記入することがあって、その内容は日々の思考の切れ端でしかないが、その効能はわりと優れている。出力の頻度を高めることは実現を早めることにつながるようだ。私は一年以上前から似たようなことを考えるくせがあるらしく、変わらない想いを胸に抱いて両手を広げていた。それが最近では実現可能性の助詞を使うようになり、日常がアップデートしていくのを感じる。日常2.0だ。

 まわりくどい文章は嫌いだろうか。私は好きではない。しかしこの文章のゴールは自分のあずかり知らぬところにあるため、ストレートに表現することはできない。おそらく、ブログの更新を怠っていたせいだ。自己に内包している出来事に意味をつける作業を定期的に投下してやらないと、このように文章がおかしな方向へ進む。これでもいいか。

 好きなアイスはパルムです。

今週のお題「好きなアイス」

とりとめのなさと一九八四年

f:id:kyokucho1989:20170710234059j:plain
Mountain, loneliness, solitude, wilderness and natural elevation HD photo by David Marcu (@davidmarcu) on Unsplash

 自分の中にある言葉の少なさにあきれている。何かを参照しない限り何も語ることができない。そのような人間になっている。しかし、そうはいってもやはり文章を書く行為全般は何らかの刺激によってなされるはずであって、参照のない出力などこの世には存在しないのだろう。

 アンダーグラフの昔の曲を聞いたら学生時代を思い出し、久しぶりにサークルのホームページを見ようとした。閉鎖していた。こうして私の過去がひとつ閉じられた。あそこに収納していた出来事は果たして実在していたのか。実際、あれに所属したのは1年ほどだったので、記憶がより薄い。それでも今回のようなケースで過去が蘇ってくる瞬間は存在するので油断できない。

 音楽に過去と現在を繋ぎ止める力があるのだとすれば、ここ数年の出来事はもうしばらくしたら消え去ってしまうのだろう。それほどまでに曲を聞いていない。アナログでもデジタルでも楽曲を購入し、そいつをリッスンする習慣がなくなったのだ。

 電車通勤になってからメモと読書の時間が増えた。メモは野帳に万年筆で自分の思索を書き残している程度で、読書はページをめくる程度だ。最近は「一九八四年」を読み直している。「全体主義国家によって分割統治された近未来世界の恐怖」(wikipedia) を描いた作品で平たく言うと国中で道徳の授業をやっているような感じだ。二重思考とニュースピークによって人間の多様性が失われるなかで、主人公のウィンストンはこの世界をぶっつぶしたいと考える。そんな中で美女のジュリアと出会ったり、反社会組織に入会したりと運気は上向いていく。しかし。

 作中でオブライエンというおっさんが「過去は改変可能だ」と言っていた。観測者の精神によって過去は変わるのだと。主人公ははじめは抗うが度重なる嫌がらせに、精神がおかしくなってしまい、「そうかもなぁ」と感じるようになってしまった。過去は変わるのか。どうなのか。過去という言葉はあやふやでおおまかでざっくりしすぎているから、よくわからない。そもそも変わるということが曖昧だなぁと思った。

 時間は長い短いと表現できるが、広い狭いとはいうことができない。どうしたらそんな風にいい表すことができるか。少しだけ考えた。二人の観測者が独立の時間軸を有していて、そこに別の観測者が意味合いをもたせる。そんな具合か。なんにせよ、神様でもない限りその次元の発想は困難である。

 どこかで思考を書き留めておかなければ、私が霧散してしまいそうで、だからこうして書いている。この文章に色はあるのか。ないか。

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)