読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

六甲山を登る

http://instagram.com/p/smWsJRhBBC/

マウンティング男子である。

あとで適当に加筆する。


神戸に来たのは二度目だ。一度目は三年前の冬で、いろんなところへ行った記憶がある。動物園や水族館、異人館と中華街。なぜあそこまでアクティブに歩けたのか不思議でならない。今となっては山に登るだけで一苦労だ。

六甲道駅からバスに乗り継ぎ、さらにケーブルカーを使って山を登る。恐ろしい傾斜だった。

http://instagram.com/p/smII5mhBAs/

 山頂までの1.6キロの道のりを、直径45mmのワイヤーをつかって列車が登って行く。座席は常に揺れていて、ドシン!ドシン!と大きな音が鳴り響く。乗り心地はあまりよくない。

 六甲山は雨だった。夜景を見ることはできないか、と半ばあきらめムードでカレーを食べた。しかし、しばらくすると雲がすすすとなくなり、隙間からふもとの夜景を見ることが出来た。わりときれいだった。

 ホテルに戻り、映画をみた。ウルフオブウォールストリート。ディカプリオが金持ち株屋の役になりきっていた。お金があれば何でもできる!と言っていたのが印象的だった。


 僕は少し生き急いでいた。何事もスムーズにいきすぎていた。向こう一年くらいは待つことにした。何を?何かを。


 旅をすると、自分の生活に楔を打っている感覚におちいる。いつもは考えられない中長期的な展望をノートに書き込んだりする。当面はいまの会社に勤める予定だが、五年後、十年後にはなにをやっているのだろうか。

 将来はカフェを併設した古本屋を開きたい。作業台もあって、時々モノづくりのワークショップを行えるような。あとは、一ヶ月くらい海外へ行ってのんびりしたい。

 ブログはずっと書いていたい。