読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

これで最後にするから、と許しを請うインド神話

インドラがいじけていなくなったせいで、世界は荒廃しヤバい状況になった。神々はどうしようもなくなって、とりあえず良いとこ出のナフシャを王にまつりあげることにした。「いやいや、私では力不足ですよ」とナフシャは断ったが、神々は引き下がる。「力不…

なんかもうよく分からなくなって失踪したインド神話

結局、干上がった海は天上のガンガー(ガンジス川)を地上に導き満たされた。 話は変わるが、トゥバシュトリはインドラを殺すためにヴィシュヴァルーパという名の、三面をもつ息子を造った。三面のうちひとつはヴェーダ聖典を学び、ひとつは酒を飲み、ひとつ…

塩分過多もいとわないインド神話

インドラ率いる良い人同盟は、ヴリトラら悪の組織の攻撃に苦戦していた。インドラが梵天になにか良い方法はないかと聞くと、梵天は「ダティーチャ聖仙の骨を使って金剛杵(ヴァジュラ)を作りなさい」と答えた。良い人同盟はさっそくダティーチャ聖仙のもと…

とくに意味を見いだせない神々の話/「インド神話 マハーバーラタの神々」

紀元前五、六世紀になるとバラモン教の勢力は衰えるもやがてヒンドゥー教として復興する。ヒンドゥー教の主神はシヴァとヴィシュヌ、そしてプラフマー(梵天)である。シヴァは青黒いくびをしているがこれは世界の滅亡を救う際に猛毒を飲んだためである。住…

日常生活には役に立たない神々の話/「インド神話 マハーバーラタの神々」

しばらくはインド神話について語る。 『リグ・ヴェーダ』が誕生したのは紀元前一二〇〇年前後だと言われている。ヴェーダとは知る(veda)という意味が語源であり、バラモン教の聖典の総称となった。それは作られたものではなく、永遠の過去から存在していた…