マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

さながらカマキリの腕

 夕陽が沈む頃に会社に向かう。もしかしたらあれは朝陽で、世界は次第に朝を迎えるのかもしれない。そう考えてみたが、やはり陽は沈んでいくのであって、私は逆向きに生きている。

 さまざまなことがあった。家を買った。とんでもなく長い年月をかけてローンを返していかねばならない。けれどもそれは賃貸でも同じことであって、私の気の持ちようによってどうとでもなるのかもしれない。そうやって家購入のもろもろの手続きに追われた。ローン審査のお願いとか保険の申し込みとか税金のなにがしやら、いろいろあった。引っ越しもなんとか終わった。そしてここにいる。

 着々と決定を行っている。私の人生の可能性がゴリゴリと削られていくのがわかる。これでいいのかどうかは知らない。知らないなかで着地点を設定せねばならない。

 まだネットが繋がらない。工事日がいつになるのかも分からない。1ヶ月程度はこのような文章の細切れを炒めることになるだろう。

広告を非表示にする