読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

手挽きコーヒーミルの姿

https://instagram.com/p/2AtNsehBAq/

 私の場合、書かないことは考えないことに直結するため、何かしらの文章を残しておかないと脳が壊死してしまう。壊死とは言い過ぎたが、賞味期限切れの納豆程度になるということだ。実はこの書き出しも五分くらいじっとしていないと頭に浮かんでこなかった。それほどの危機感を有している。前回から新聞と本をわずかに読んだがそれは脳のはたらきに寄与しない。実際、読むという行為はあまり頭を動かしていないのだ。書こう。この話は何回もしている。


 好きに加工をしていたら話が大事(おおごと)になってきた。仕事の話だ。話と言うのはいくらでも伸び縮みができるし変形も容易ないわばゴム風船のようなものである。ここで重要なのは物をつくることである。図面を引き、材料を手配して旋盤とマシニングセンタを用いて彼らを削り出してやることである。試験と評価はそのあとにならないとついてこない。この話は何回もしている。

 ずいぶん前になるが、カリタの手回しミルを購入した。焙煎したコーヒー豆を粉砕する機械だ。マグカップよりひとまわり大きい円筒に、ドーム型のフタがかぶさっており、頂点には手回し用のハンドルがついてる。ハンドルは百五十ミリくらいか。長い。使い始めはほどよく動作したが、さいきん動きが悪くなってきた。どうしたものかと分解し、中の削りカスを取り出したら再び動きがよくなった。彼にもメンテナンスが必要だったみたいだ。悪いことをした。動作中の音が結構大きいが、ふすまをしめると寝室まで音は響かない。朝起きると、わたしはベッドを抜け、寝室とリビンクをしきるふすまをさささと閉じてコーヒーを入れる。

 この話は何回もしている。

 そうして11月が終わる。


今週のお題「今年買って良かったモノ」

Kalita 手挽きコーヒーミル コーヒーミル KH-5

Kalita 手挽きコーヒーミル コーヒーミル KH-5