マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

元町サントスで珈琲を飲む。

http://instagram.com/p/suLi79BBCK/

 旅に出ると僕が必ず訪れるのが、喫茶店だ。僕は国道も走っていないど田舎に生まれたため、文化的なものに対して異常な執着があるらしい。先日の神戸に行ってきた時にも近くの喫茶店に寄ってきた。るるぶに載っていたいくつかの店の中からホットケーキがおいしそうな「元町サントス」に照準を合わせた。

 元町駅は中華街の最寄り駅だ。西口から出るとJRAの大きな建物があって、近くの人々が熱心に競馬新聞を読んでいた。そこを横切ってずんずんと南に進んだ。全く方向が判らなくなった。グーグルマップを利用し始めてから、とことん方向音痴になってしまった。参った。

 検索機能を使って、なんとかサントスにたどりついた。看板のフォントに時代を感じた。NHKの人形劇(プリンプリン物語、ひょっこりひょうたん島)をイメージしてもらうと判りやすい。店内はこぢんまりとしていて、一階はほぼ満席だった。玄関近くの階段を登って、二階へあがった。テーブル席が6つくらいだった。禁煙も喫煙もなく、どこのテーブルにも灰皿が置いてあった。

 普通の珈琲を頼んだ。十分ほどしてきた。飲んだ。うまかった。

 珈琲の味はカップの形によってもかわる。このまえ行ったコメダ珈琲は寸胴でどっしりとした風体だったが、サントスのカップはシャープで、持ち手の肉厚が薄かった。味自体はどっしりとした何やら不思議な重量感を帯びていて、ちゃんと苦かった。

元町サントス

 ホットケーキは分厚いのが二枚も出て来た。しっとりほくほく、シンプルに濃厚だった。おいしかった。


広告を非表示にする