読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

無印で買った315円のブックカバーが想像以上に使いやすかった

文房具・家具

ブックカバーが欲しかった

http://instagram.com/p/b_X_V0BBGU/


 僕は書店で必ずカバーをつけてもらうことにしている。本が傷つくと売るときの査定に響くし、やっぱりきれいに本を扱いたい気持ちがあるからだ。そして一回読んだ本はカバーを外して、背表紙が見えるようにしている。本棚に自分の気に入った背表紙がずらりと並ぶ姿は壮観だ。

 しかし再読するときにまた書店のカバーを使う訳にはいかないので、長い間ブックカバーがほしいなーと思っていた。でも良いものは高いし、安いものは使いづらそうなイメージがあった。

無印良品ネットストア



 そこで無印良品である。先日ひさしぶりに行ってみたらなんとブックカバーが315円で売られていた。新書サイズもあってそちらは350円。茶色と黒の二種類があった。少し迷って茶色を購入。

http://instagram.com/p/b_YMCiBBGu/


 使ってみると思いのほか質感がいい。やや紙っぽいがぺらぺらではなく、しっかりとした厚紙を触っている感覚だ。まわりと取り囲む縫い目がよりオシャレにみせてくれる。何回かつかうと折り目の跡がつくが、これも使い込んだ革の素材みたいで気に入っている。


http://instagram.com/p/b_YD5DBBGf/

おわりに

 ブックカバーがあると安心して何度でも本を読める。一度で本の全てを理解することは難しい。だから再読する抵抗が少ないことは本をより理解することに繋がる。「ブックカバーなんかなくてもいいや」と思ってるあなたも一度買ってみてほしい。コンビニを一回我慢すれば、すぐに買える。

 ブックカバーを探すならここもおすすめです。