読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

挫折のさらに下層にある僕の内側

駄文

Generations - 無料写真検索fotoq
photo by Andrea Costa Photography

文集を読み返すのが好きだ。


 @nifty:デイリーポータルZ:子供の夢「大人っぽい一日」をプロデュース

 小さい頃からジジ臭かった。ゆったりと流れる雲を眺めることや、NHKの短歌の番組をみたりするのが好きだった。付き合ってもないのに、老後の生活を思い描いたりもした。そんな僕の将来の夢って何だったのだろうか。

 思い出せるうちのひとつがゲームクリエイターだ。当時RPGツクールシリーズにはまり、イベントを作らず、敵モンスターだけをひたすら作成し、悦に入っていた。結局、文字入力の壁(ツクール3はプレステのソフトで、いちいち五十音のボードからひとつずつ文字を選ばなければならない)にぶちあたり、何も作ることができず終わった。

 ネットを眺めると同年代でもすごいゲームを作ってる人がたくさんいた。そうして僕は諦めた。

 何を書きたいのか分からなくなってきた。もうブログを書き始めてずいぶん経つが、未だに文章を書くのが苦手だ。これはもう仕方のないことなのだろう。

 幾度となく同じことを書き、同じこと考えて、いきをすってはき、はいてすい。

 螺旋階段のようにちょっとずつ上にいけたらいいのだけれど。