読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

はじめてスタバに入ってみた。

オシャレバリアをくぐりぬけ

 やった。僕はついにやった。今日はじめてスターバックスに入ることができた。しかも一人で。通学途中、見かけては「オシャレそうだな。あそこでコーヒー飲みながら勉強できたらカッコイイだろうな」と思いながら通り過ぎるのを繰り返していた。それを達成できたのだから、今はちょっぴり幸せな気分に浸っている。


 授業が早く終わり、意を決してあの茶色っぽい店内に足を踏み入れた。中はそれほど広くない。窓際にカウンター席がいくつかあり、四人掛けのテーブル席が十ほどあるくらい。やさしい照明と穏やかな音楽。緊張していた僕も少し落ち着いた。何を頼もうかとレジ上のボードを眺めた。某ハンバーガーショップとは違い、とてもメニューがわかりやすい。といっても、よくわからないメニューが多かったので「スターバックスラテ」を頼むことにした。


 「すみません、スターバックスラテ…」
 「あ、はいメニューどうぞ」
 レジに近づきながら注文したら、店員さんがメニュー表を取り出してきた。あ、あるんだ。よかった。サイズはショート、トール、グランデ、ベンティ…。よく分からなかったので一番小さいものを頼むことにした。340円。(スターバックスラテのショートをお願いします)


 「マグカップでお出しすることもできますが、どうされますか?」
 「あ、じゃあ、はい、それでお願いします」
 「ホットでよろしいですか?」
 「はい」
 「かしこまりました。黄色のランプでお待ちください」


 右手の方をさされる。ランプというより間接照明に近いオシャレなものだった。手前にストローがあったが、マグカップにストローは合わないだろう。持っていかないことにした。そのかわり、緑色のフリーペーパーがあったのでそれを左手に持たせた。


 「スターバックスラテの方、」

 待っているのは僕だけなのに、ちゃんと確認してくれた。やさしい店員さんだった。暖かいマグカップを手にしてカウンター席へ向かった。おお、これがスターバックス。ちゃんとスタバしてるよ、オレ。写真が取りたかったので、シャッター音が気にならないアプリでラテを撮影しそれから飲んだ。普通の味だった。特別なことはなかった。


 でも幸せだなあと思った。カフェインのせいか、ブログのアイデアもよどみなく出てきた。RHODIAを持ってくればよかったな。


 カップをどこに返せばいいか分からなかったので、店員さんに直接返した。店を出ると、美容院から出てきたのと同じ感覚を覚えた。リセットボタンを押された感じだ。ここへはあまり来すぎないようにしよう。お小遣いがすぐになくなってしまいそうだ。


Road
Road / Moyan_Brenn_BE_BACK_on_10th_OCT

関連記事:

パクって作りました。人生でやりたい100のリスト - マトリョーシカ的日常