読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

神様だって有給がほしい。


 肉体労働のバイトをした。ひととおり資材を上げるとビルの屋上で休憩をとった。10畳程度のスペースに吸い殻入れがひとつ置いてあった。バイト仲間たちはタバコを吹かしながらだれかしらのうわさ話をしていた。頭上から太陽がギラギラと照りつける中、僕はアクエリアスを飲みながら街を見下ろした。
 考えると不思議だ。世界は人間がつくったものであふれている。いま自分が眼にしているもののほとんどは誰かの手がかかっている。ビル、看板、窓、パイプ、ボルト、ネジ、ワッシャー。眼に見えないものもそうだ。インターネット、電話回線、ラジオ。神様なんていなくって人間が神様なんじゃないかと疑うほど。


神様からひと言 (光文社文庫)
荻原 浩
光文社
売り上げランキング: 55469



 この本にでてくる珠川食品という会社は「お客様の声は、神様からのひと言」というモットーを掲げている。主人公の涼平は社内でヘマをやらかし、リストラ候補を集めたお客様サービスセンターへ異動されてしまう。いやいや働くうちに神様からのひと言から社内の腫瘍がわかり、ついに膿をだそうと行動へ移す。

「手の中に握ってるものが、たいしたものじゃないことを知っているのに、手のひらを開くのが怖いんだ。全部こぼれ出ちまうのが。本当にたいしたもんじゃなかったってことを知っちゃうのをさ。誰も彼も、俺も」p290

 そう、神様だって自分がなにができるのか分からない。おびえてるんだ。
 
 書評ってさ、書くの難しいよね。


                • -

 
 あなたがバナーを押す事で、救われる命(ぼく)がいます。
大学院生 ブログランキングへ