読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マトリョーシカ的日常

ワクワクばらまく明日のブログ。

ingress短歌 その2

すみません、存在の記事はまた次回。今日は短歌を詠ませてください。 二回目も題材は同じだけれど少し生活にかかる部分が増えた。3月の題詠短歌10首および投稿作品ご紹介です - はてな題詠「短歌の目」1.雛 懐のスマホは卵か背を曲げる 雛も私も未だかえらず…

ingress短歌

今月のお題 - はてな題詠「短歌の目」こちらの短歌イベントに参加することにしました。ingressの短歌を詠む。

Ingress初心者日記 第九回「あだ名をつけずにグリフを覚える」

Translatorメダルが実装された。*1 グリフハックの成功回数に関わるメダルだ。グリフハックはポータルのレベルによって一度に表示される回数が変わる。レベル1のポータルではひとつだけだが、レベル8では五つの絵を記憶してそれどおり描かなくてはいけない。…

Ingress初心者日記 第八回「人としてA8として」

明け方の真っ暗な川から、冷たい風が首元に入り込んできた。故郷の乾燥した寒さはまた違う冷え方で、これなはなかなか慣れることができない。私はかじかむ指先を暖めると、ひとつのリンクを張った。ちょうどそのとき、待ち望んでいたエフェクトがスキャナー…

Ingress初心者日記 第七回「純粋レゾネーター批判」

いつの間にか下火になっていたingress熱は、気がづいたら再び燃えていた。くすぶっていた薪にふうふうと息を吹きかけると炎がちらつくのと同じように。果たして吹き入られた空気が何だったのか。よく分からない。 今日は朝から街へ出かけ、乱立する青ポータ…

3Dプリントサービスでingressアイコンを立体化してもらったのでやり方を書くよ。

3Dプリント体験。 昨今のIngress熱に浮かされて、しょうもないものをつくってしまった。Ingressのアイコンだ。 アイコンはこれ。 どうやって作ったかというと、shpewaysを利用した。shapewaysは3Dプリントサービスを行っている団体だ。CADデータを添付し、素…

Ingress 初心者日記 第六回「APよりも大切なもの」

気がついたらレベル5になっていた。いつレベルが上がったのか、定かではない。既に僕の生活にingressが組み込まれており、現実と仮想空間の境がなくなってきているからだ。僕は呼吸をするようにポータルをハックし、顔を洗うようにレゾネータをデプロイする…

Ingress初心者日記 第五回 「白ポータルの群生地」

もう一週間も前の話になるが聞いてほしい。前回、巨大CF作成のプランを夢半ばで壊された僕は次の日もエージェントとして大地をしかと踏みしめていた。今日も社外研修があるが、開始が10時からとやや遅い。そこで僕は始発電車に乗って隣町のファームへ行くこ…

Ingress初心者日記 第四回 「ポータルキーの罠」

ぼくはえんらいてんど。 いつもと変わらない土曜の夜だった。社外研修から帰宅した僕は、Russell Hobbsの電気ケトルで湯を沸かしコーヒーを入れた。一昨日からコーヒー豆を切らしていて、今はネスカフェのインスタントコーヒーを利用している。フィルターも…

Ingress初心者日記 第三回 

思いがけないことに月曜が休みになったので、ingressをするために街へ出かけた。街は自宅から電車で三十分ほどの距離にある。自宅周辺のポータルは五つしかないが、ビルが立ちこめるそこは何百というポータルがひしめきあっている。電車で向う途中にもそのレ…

Ingress初心者日記 第二回

やっとレベル2になった。通勤ルートにはポータルが少なく、なかなかHACKできない日が続いていた。今日も用事があって遠くへは出れなかったが、ひたむきにグリフハックを行った。そうすると、スーパーサイヤ人みたいなエフェクトが出て来て「レベルが上がった…

Ingress初心者日記 第一回

すみません。さきほど寄稿記事は来週投稿するものを間違えて一週間早く投稿してしまいました。 今日はIngressについて書きます。 健康になれるゲーム。 先日、id:tmura3さんに紹介されてIngressをはじめた。Ingressというのは現実世界をフィールドにしたバー…